平和を希求する「沖縄の心」を具体的な行動を


令和2年度「平和への思い」発信・交流・継承事業(オンライン共同学習)実施
昨年度に引き続き、「平和への思い」事業を実施します。今年は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、沖縄での宿泊研修はできませんが、日本とアジア諸国の学生をオンラインで結び、相互理解と平和な社会創りに向けて意見交換を行います。沖縄からの参加者としてぜひご応募ください。
オンライン共同学習参加者募集
申し込み用紙
                        
Peace Wave No.14 発行
永らく休刊していたOPACのニュースレター「Peace Wave」を発行しました。今後も、安全保障、国際協力、身近な話題などをお伝えできるよう発行していきます。ご覧いただければ幸いです。今後ともよろしくお願いいたします。
Peace Wave No.14
                        
令和元年度 「平和への思い」発信・交流・継承事業 実施
沖縄県平和祈念資料館が委託する、「平和への思い」事業を実施しました。沖縄で、韓国、台湾、ベトナム、カンボジア、沖縄の大学生が集い、それぞれの国・地域の戦争・紛争などについて学び、平和な社会づくりを目指します。
事業概要
事業報告
                        
「沖縄県における平和教育の実態調査 ~平和形成教育の可能性~」
「平和教育」と聞いて私たちは何を連想するでしょう・・。児童・生徒、教員、ご父兄の皆様のご協力をいただき、「平和教育」に関する意識調査を基にこれまでの平和教育、今後の行方について調査しました。
報告書についてお気軽にお問い合わせください。(報告書の一部掲載)
                        






OPAC メディアスポンサー
東ティモール事業にご協力いただいています。